血浴沢(ちあびさわ)にて・・。

花火の街「大曲」に何やら不穏な地名があるのはご存知でしょうか・・。

その名も「血浴沢(ちあびさわ)」です・・(^_^;)

大曲ICを降り105号線を10分ほど進むと、左手に姫神山(大平山、西山、松山ともいう)という小高い山があります・・。

ここは平安時代末期「八幡太郎義家」と「阿部貞任」が戦った古戦場だったんだそうです。

当時、山の中腹には「鶴羽形城」という城があり、その城主であった安倍貞任を八幡太郎義家は城ごと取り囲み攻めましたが、斜面が急で難攻不落の城塞の為長期戦になったんだそうです・・。

その時、安倍氏の娘「鹿姫」は遠目からも目立つくらい容姿端麗であった八幡太郎義家の姿に心を奪われ、秘密の道をたどって義家のもとへ通うようになり、やがて姫は懐胎したんだそうです・・。

昔の人って意外に情熱的だったんですね・・(^_^;)

でも、当然ながらこれを知った父である安倍貞任は激怒し、姫を牢に入れ義家と会う事を禁じましたが、すでに恋に狂った鹿姫はそれを拒否し、牢内で義家の子(男子)を産んだんだそうです・・。

それを見ていた乳母は母子を哀れに思って逃したところ、すぐに父の知るところとなり追っ手を放ち捕まえられ「こうなれば是非も無し、母子を生きながら土の中に埋めよ」と命じたんだそうです・・。

鹿姫とその子が生き埋めにされたのが姫神山の山頂で、地面に溢れた血が沢を伝って赤く染まったそうで「血浴沢」という地名はそこから名付けられたんだそうです・・。

その他にも稜威ヶ嶽から神宮寺嶽に通ずる道に「忍長峰(写真参照)」があり鹿姫が密かに義家のもとに通ったところから名付けられたんだとか・・。

また、姫神山の山頂に蜃気楼のように白い旗がたくさん立ち並ぶ現象が目撃されることがあるそうで、これは生き埋めにされた鹿姫の子の怨霊が立てるものという言い伝えがあり毎年5月5日にこの旗を見た者は3年のうちに亡くなるとも

伝わっているそうな・・(ホンマかいな・・(^_^;))

看板等は立ってはおりませんが、地図と符合させると多分これが「血浴沢」・・。

せっかくなので水を汲んで飲んでみました・・。

普通に美味しかったですけどね・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です