鬼嵐め・・。

嬲沢」へ向かう途中、カーナビにまたもやオドロオドロシイ地名が表示されました・・。

これは行くしかない・・(^_^;)

秋田県横手市の大屋新町にある「鬼嵐交差点?」・・。

つうか二回連呼する意味もよく判らない・・(^_^;)

民家は20戸もあるでしょうか・・。

おおよそこの地名とは掛け離れたような穏やかな山並みと田園風景が広がっています・・。

いまから400年ほど前、戦国大名である最上義光(もがみよしあき)の家臣で、日野備中という人が検地の為に大屋新町に滞留した時、彼が城(大屋館)へ通う道すがら、

あまりにも嵐が激しかったので「この鬼嵐め!」と罵ったのが地名になったんだそうです(^_^;)

地名って・・意外とどうでも良いことから発してる事って多いんですね・・。

最近この手の調査をしていて感じました・・。

JK造語っていうんですか? 

「もう鬼怒(オニオコ)だぞ。プンプン!!」とか「鬼電(話)するぞ!」

みたいなノリで付けたんじゃなかろうか・・・日野備中・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です