この状況・・。

有耶無耶の関」調査後、トイレを借りに近くにある【道の駅象潟】に寄りました・・。

奥にあるフードコートの方からなにやら昭和っぽい音色が聞こえて来たので、気になって見に行ってみたら・・この悲惨というか痛切というか・・

心抉られる状況が目の前に・・(^_^;)

店のオバちゃんに聞いたら「青木ナントカさん」?とかいう見た事も聞いた事も無いマイナー(失敬)な東北出身の演歌歌手のリサイタルショーらしいのですが・・。

もう始まってる時間帯なのに、こりゃ余りにも酷くないでしょうか・・。

青木なんとかさんが「おとうさん、そんな遠慮なさらずにもっと近くに来ても良いですからっ!」

と再三呼び掛けるも・・誰も動かず(動けずか)・・。

「あ、そこのお兄さん、写真とか撮ってもぜんっぜん問題ありませんからね・・ 著作権とか煩く言いませんからっ」と遠くから声を掛けられ・・居たたまれなくなってパチリと撮ってはみたものの・・(^_^;)

フードコートのオバちゃん達も精一杯応援してるようですが・・

うつろな目をして歌う彼に、その声は届いてたんだろうか・・。

心の底から同情するも、時間も無いので隙を見てその場を後にしました・・。

青木ナントカさんの「あーたのむ、行かないでくれ」という心の声が聞こえて来たんだけど怖くて振り向けませんでした・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です