掛泥悪戸って・・(^_^;)

これで「かかりどあくど」と読むそうです・・(^_^;)

「ハリツケ岱」から能代方面に向かう県道沿いに見つけました・・。                                                            

この「掛」という地名を「カケ」もしくは「ガケ」と読む場合、近くに崖や峡谷があることを示唆している場合が多いらしいのですが、これで「カカリ」と読むとなるとアイヌ語由来の可能性が出て来ます・・。

アイヌ語で「カカリ」は「波かぶり・水かぶり」を意味するそうなので、もしかしたらココら辺は、古代から治水の儘ならない近代にかけて近くにある米代川が頻繁に氾濫して水浸しになる場所だったんじゃないでしょうか・・。

「悪戸(あくと)」も強烈な地名ですが「芥(あくた・川の汚泥)」が訛って地名になったという説もあるそうです・・。

たぶんですが・・昔の人達はこの界隈は農耕には向かない土地だからコレから田んぼを耕す奴は心してやれよ!って事を知らしめるために「目印」としてこーいう名前が残ってるのかもしれません・・。

現在、「掛泥悪土」のカーナビポイントを指す場所は、空き地とメモリアルホールが建っているだけです・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です