「ジジ捨沢」という現実・・①

【秋田県男鹿半島の突端にある入道崎のとある部落には「オヤ沢」又は「ジジ捨沢」という場所があり、其処からは沢山の人骨が出てくるとの事・・。

これまで、ウバ捨山という処があるのを聞いたことがあるが、男鹿にはその連りのジジ捨沢があるという事は、全国的にも珍しい事である・・】と、1977年に秋田文化出版社で発行された「男鹿こぼれだね」に記載があります・・。                                                        

これは秋田のみならず、北東北の貧しい寒村で古から連綿として続けられてきた、隠すべき恥ずべき事だけれども他にスベが見当たらず、やむを得なく行われた「口減らし」というモノ悲しい慣習の名残りです・・。

その犠牲者は「ジジヶ堤(協和荒川)」「姥殺し沢(潟上市)」「爺殺し沢(協和荒川)」に見られるような年寄りのみならず、せっかく生まれてきた稚児にも及び「おぼこ沢(大館市)」「蟇<びっき>沢(湯沢市)」「児ヶ墓(由利本荘市)」等、全県にわたりその悲劇の痕跡を示す地名が残っています・・。                                        
                        
なんか・・おどろおどろしくなってきましたね・・(^_^;)

詳細は後程・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です