究極の炒飯とは・・①

出張で中国に来ています・・。

と言うことでスマホからは初投稿になります。

写真はマカオの麗軒中餐廳(ライヒーン)で食べた「乾し海老とホタテとアスパラの炒飯」。

日本の炒飯とは米(インディカ米)から違うので比較して良いのか判らないけれど、本場モノと日本で独自に発達した焼き飯的な炒飯とは全く違う食べ物なような気がします・・。

出張中、炒飯は食事の最後には必ず食べようと思うのでまたアップしていきます・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です