究極の炒飯とは・・③

よく友人や取引先の人達に「おまえ、ホントいいモンばっか食ってんな~プチプチ売っててそんなに儲かるのか?」と言われるんですが・・そーじゃないんですよね・・。

僕は人間の三大欲求である衣食住の「食」にだけしか興味が無いので・・全てのウェイトをそっちに置いてるから、2500円のランチはなんとも思わず平気で食べるのに3枚で980円のユニクロのパンツを買うのも躊躇してしまうという、なんだかちょっと病的にバランスの悪い人みたいなんですよね・・他人事みたいですが・・(^_^;)

ということで、ボロ屋敷に住んで、穴の空いた15年モノの靴下を履いててもなーんとも思わず、飯にだけ金を使って収支を合わせてる偏向者だということを理解して頂きたいです・・。

さて、僕はここ数年「究極の炒飯を探す旅」に出ています(つもりです)・・。

8餐廳は中華最高の食都と言われる香港マカオにあって「龍景軒」「唐閣」とならび何年も連続でミシュラン三ツ星を獲得しています・・。

中国四大料理の中で一番完成度が高いといわれている「広東料理」・・。

その最高峰にあるということは、このお店で出て来る炒飯こそが中国全土はおろか全世界で供される炒飯の中でも最高水準のモノだと僕は思っているので、まずはそれを体験しなければ「炒飯」については語れないなと思い、今回の出張でも足を延ばして訪問してみました・・。

まぁこの写真を見てください・・。

なんというか・・神々しくないですか・・(^_^;)

炒飯マニアの僕からしてみたら・・このビジュアルはもう神の御業としか思えません・・。

まずは米と同じくらいの割合の具(干しエビと生海老と貝柱)が入ってるのに驚きます・・それとかなり強く炒めてるのに米の硬さは微塵も感じず、油の量も適度で噛むと口の中でホロリと崩れる感じ・・。

うーん・・まさに芸術的・・(^_^;)

これからの旅路で、これ以上のモノって見つかるんだろうか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です