究極のきりたんぽ鍋を完成させるための備忘録・・③

「究極のキリタンポ鍋」を完成させるためには「米(県産ササニシキ100%)」「比内地鶏(原種比内鶏により近い種)」「セリ(秋田県三関産)」のような素材の厳選のみならず、薬味も大切なファクターだと考えています・・。

写真は現在僕がいろんなものを混ぜてベストの調合を探っている七味唐辛子・・。

七味は一般的には「唐辛子」「山椒」「麻の実」「黒胡麻」をベースにメーカーによって「陳皮」「紫蘇」「ケシの実」「青海苔」「生姜」「柚子」などをチョイスしたモノが一般的ですが、僕は醤油ベースの鍋には「クミン」とか「ガーリック」が合うと思うんですよね・・。

そしてやはり薬味の切り札は秋田県鹿角市八幡平の松館集落でしか採れない地大根「松舘しぼり大根」でしょう・・。

100年前から栽培され、他の地域に種を持っていって育てても全く辛くならないというこのしぼり大根は、独特の風味と極めて強い辛味が特徴で、僕がベースに考えている山田式きりたんぽ鍋には無くてはならない薬味なんですよね・・。

それも界隈で一軒しか栽培していないという紫色の汁が出るモノにしていこうと思っています・・。

一杯目はそのまんま・・二杯目は未だ見たことの無いキリタンポ鍋用の七味唐辛子で・・三杯目以降はこの紫しぼり大根汁で召し上がっていただきます・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です