究極のきりたんぽ鍋を完成させるための備忘録・・④

秋田県内には当然ながら秋田名物である「キリタンポ鍋」を提供してくれるお店が数多くあります・・。

その中でも、僕が一番好きなダシ(スープ)を作るお店である川反の老舗小料理屋「北州」に昨晩行ってみました・・。

うーん・・僕の苦手な糸コンも入ってるし・・鶏も比内地鶏では無いんだけれど・・そんなこともぜーんぶどうでもよくなるぐらい相変わらずダシが美味いです・・。

醤油ベースなはずなんですが・・色は他店よりも薄め・・。

親方に何気なーくスープの作り方を聞いてみたんだけれど「オメ同業者みでなもんだべ!企業秘密だ!」ということで教えてくれませんでした・・まぁそりゃそうですよね・・(^_^;)

でもこの旨味、コクの秘密は化学調味料にあると思うんですよね・・。

別に僕は化学調味料を否定してる訳じゃないんですが・・せっかくならば・・究極と名乗るのならば・・無使用でこのコクを出したいんですよね・・。

さて・・もう少し考えてみるか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です