奥ヶ沢の魔の石・・①

江戸時代以前に書かれた古文書を纏め編纂した「石沢郷土誌」によると、

『石沢川の上流にある奥ヶ沢には、緑したたる雑木林の中を分けて突出した奇形の大きな岩石がある。その石は大洪水のある年には必ず鳴動する為【魔の石】と呼ばれ界隈の住民から不気味な存在とされている。』

とあります・・。

奥ヶ沢は「死人里路」「宝刀・河童丸を所有する小松家」から秋田市に帰る途中にあるので行ってみました・・。

詳細は後ほど・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です