一本10万円の日本酒とは・・。

とある会合にお邪魔したら宴席でこんなお酒が出て来ました・・。

山形県の楯野川酒造で出してる純米大吟醸「光明(こうみょう)」

噂には聞いたことがあったんですが・・実物が目の前にあると・・ちょっとしたオーラを感じざるをえません・・。

なぜならこのお酒・・4合瓶で1本108000円もするんです・・漢字で書きなおしますが・・十万ハ千円ですよ・・奥さんっ・・(^_^;)

同じ山形の「十四代・龍泉」とか正価が10000円なんだけれどネットでプレミアが付いてそんな値段になってるのはありますが・・普通に正価が108000円の日本酒って・・僕は今まで聞いたことがありません・・(^_^;)

その一番の理由はなんといっても「精米歩合 1%」という事でしょう・・。

これは長い日本酒の歴史の中で、どの蔵元でも形にできなかった神の領域とでも言うべき精米歩合なはずです・・。

お米を99%削って捨てる訳ですから・・お百姓さんに怒られそうというか・・そーいう意味ではこれ以上の贅沢品は無いんじゃないでしょうか・・。

今回は友人で、2015年度全国利き酒選手権優勝者である工藤功一君も同席してまして・・彼の酒観を聞きながら呑めたのも良かった・・。

まあこーいうのが出ると、必ず通ぶっていろんなことを言うやつが出て来るし、賛否両論あるとは思いますが・・僕としては、一生のうちに飲む機会がそーはないであろうこの珍酒を呑めたことに感謝ですね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です