蛇馬目沢へ・・②

一般的に「」の付く地名の由来は、界隈が蛇の巣窟だからというわけではなく、過去に水害や土砂崩れ起こした事のある危険地帯を示す場合が多いようです・・。

蛇は太古から「天から水を運ぶ神の使い」「水の象徴」とされていたのでそこからきてるのでしょうか・・。

自然災害は土地の性質に依存しているので、歴史的に見ても同じ場所で何度も同じ災害が繰り返し起きているんだそうです・・。

そうした過去の災害の記憶を、我々の先祖は後世に伝える為、わざと連想させるような地名にし警告をしてくれてたのですが・・数年前に起きた広島の土石流被害にあった八木町は、昔は『蛇落地悪谷』という地名だったのに、気持ち悪いからという理由で八木上楽地芦屋、のちに現在の八木町に改名され、過去の災害の痕跡を示す地名はかき消されてしまい・・あのような痛ましい事故がまた起きてしまったそうです・・。

確かに・・この名前じゃ替えたくもなりますよね・・(^_^;)

秋田県五城目町にも「蛇喰(じゃばみ)」、秋田市雄和女米木には「蛇崩沢」、由利本荘市松本には「蛇喰」という地名が残されています・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です