遠い記憶・・。

今日は2018年8月22日。

メディアやSNSは、本日も金足農業高校野球部の話題で埋め尽くされています・・。

まあ確かに秋田県民にとってこんな喜ばしい事は無いんですが・・同じような話でそろそろ辟易してる人達もいると思うので、僕は敢えて別の話でいきます・・(^_^;)

 

あれは小学校2年生の夏休みの時でした・・。

朝5時過ぎ、なんだかいつもよりも早く目が覚めてしまい、二階にあった僕と弟の部屋の二段ベットの上で、まどろみながら太平山を見ていました・・。

そのとき太平山の一番高い頂と右にある二段目に高い頂の間から、モノ凄い光が出て来るのが見えました・・。

はじめは太陽かなって思ったんですが、よくよくみると既に太陽は右上に上がっていて、

なんだなんだ?と思ってたらその光はどんどん膨れ上がり、あれよあれよという間に、たぶん数百メートルは有るかのような葉巻型の巨大なUFOが現れました・・。

下段に寝ていた弟を起こし一緒に見てたんですが、階下で寝ている父も起こしてカメラで撮影して貰おうと思って呼びに行き、戻ってきた時にはもうかなり上空にいて、葉巻型の船体はもう光っては無かったけれど、その代わり半透明になっていて後ろの雲が透けて見え、そのまんま大きな雲に隠れてみえなくなりました・・。

この話しを作文に書いて当時の担任の高橋等先生に見せたんだけど・・最後まで信用して貰えなかったような気がするな・・(^_^;)

あれから太平山を見るたびに、あの日の事を思い出します・・。

いつかまた現れてくれないかな・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です