だったら行ってみよう・・①

郷土の伝説を集めた「羽後の伝説」という古書に

「秋田県大仙市協和の山奥にある宮田集落には古来「くぐり木」と呼ばれる大樹がある。

この木の根元は地上1.5m程のところから四つにわかれている。

そこは人間が通れる位の隙間があって、この木を拝み、その四つまたの隙間をくぐりぬけると、

オコリ病が治る・・。」

という文書があります・・。

また他の文献にはこの「くぐり木」は、キチガイも治ると書いていました・・。

ちょっとコレは行かなきゃなと思っています・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です