大阪へ・・⑤

北新地にあるBAR「カアラ」のジントニック・・。

ココのジントニックは、僕が今まで飲んだモノの中でも最上級クラスだと思っているので大阪出張時、時間があれば必ず立ち寄ります・・。

見ての通り、カアラのジントニックは見た目も飲み方も一般的なジントニックと異なります・・。

ライムの皮を裏返して酒杯状にしたモノを、保温用にクラッシュアイスを敷き詰めたグラスに乗せ、それにジン(マクヘンリーのドライジン)を何度も注いで呑むスタイルなんですよね・・。

まるで日本酒を徳利からお猪口に入れて呑むような感じ・・。

コレがまたフレッシュ感をハンパなく感じるし、新鮮なライムの香りとタスマニアジンの甘さがマッチングしていてチョー美味いんですよ・・。

でもこんな奇抜な飲ませ方って・・たぶんオーセンティックなバーテンダーの発想では無いよなぁと思ってマスターに聞いてみたら、やはり系列であり「カハラ(ミシュラン大阪二つ星)」のオーナーでもある森シェフ(現代の名工)の考案みたいですね・・。

 

僕は日本酒もこーいう面白い呑ませ方で提供する店があっても良いと思うんですよ・・。

柑橘系の柚子の皮を容器にした山廃酒の燗・・とかね・・。

こんな話をすると日本酒マニアの方達で、邪道だとかお酒に失礼だとか言う輩が必ず出て来るんですが・・(^_^;)

でも、日本酒って本来眉間にシワを寄せ難しい顔をしウンチクを並べて呑むものではなく、もっと呑み手が自由に遊んで良いと思うんですよね・・。

氷を入れたり、他の酒や果実とブレンドしたりするのもアリだと思うんだけどなぁ・・。

あ、言ってる本人もウンチクっぽくなってきたので本日はこのへんで・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です