メス熊の肉・・。

写真は熊のコロッケです・・。

数年前、名古屋のにある予約一年待ちの「トゥ・ラ・ジョア」というレストランで、やたらと肉の知識が豊富なタレントの寺門ジモンさんと会食した事がありました・・。

その時ジモンさんが「僕が今まで食べて来た肉の中で№1は何かと言われたらやっぱ熊の肉だね。それも冬眠前でマルマルと肥えた3歳未満の処女熊の肉が最高だよ」と言っておりました・・。

処女か否かをどう判断するのかは兎も角、あれから食通の友人や仲の良い地元のシェフ達に「なんとか手に入らんもんかね?」と常に声掛けをして来たんですが・・その甲斐あって数日前秋田県南部にある横手市十文字町の「ル・カフェ・プランタニエ」の近藤シェフから該当熊を入手したと連絡を受け、早速伺ってみました・・。

これがメス熊のステーキです・・。

うーん・・。

鹿でもなく、イノシシでもなく、豚でももちろん牛でもない何回噛んでも底の見えない不思議な食感は・・確かに今まで食べたことが無いかも・・。

たぶん彼が言いたかったのは、この事かも知れないな・・。

メスはオスと違い行動範囲が狭く、マタギが山で見つけるは困難でなかなか捕まらないみたいだから、もう暫くお目に掛かる事は無いかもしれませんね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です