狸小路・・。

秋田市南通りにある細い路地、通称「狸小路」・・。

僕が若い頃は、昭和の香り漂う古~い吞み屋やスナックが数軒歯が抜けたように並び、通りも薄暗く人通りも閑散としてたイメージがあります・・。

それが最近では地元のデザイン会社によるリノベーションが成され、バルとかカフェとか横文字の店が出来、すっかり若者のオシャレさん達で賑わう小路になりました・・。

このなんとも可愛らしい路地名の謂れを、文献やネットで見つけることは出来ませんでしたが、たぶん北海道最古の商店街として有名な札幌の「狸小路商店街」と同じような由来があるのではないでしょうか・・。

 

明治初期、札幌には巨大な遊郭があり、たくさんの女郎もそこで働いていました・・。

ですが当時の女郎は適正年齢が若く、年をとり現役として働けなくなった彼女らが働き口?を求め、郭外にある南2条と南3条の通りで客引きをしていたそうです・・。

そーいう訳で、なかにはかな~りの年配の女郎さんたちも居たらしいのですが、それがまた言葉巧みに化かすように旦那衆を誘っているのを見て、界隈の人達が「あそこに行くと狸に化かされるぞ」と揶揄したのが地名の由来なんだそうです・・。

「狸」は女郎の隠語だったんですね・・(^_^;)

秋田の狸小路も、立地的(近くに江戸時代東北一の遊郭があった。現在ソープランド街)にも、雰囲気的も、まさしく札幌のそれと符合します・・。

リノベーションも良いけれど・・昔の雰囲気もなかなか趣があって良かったんですけどね・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です