親投げ沢へ・・③

『江戸時代に鈴木太郎兵衛という地主が地元の協和中野(現協和野球場付近)を開墾するにあたり、親投げ沢と呼ばれる場所にある堤から用水を引いた。親投げ沢にはその為の堤が三つあった』と古書に記されたポイントまで来てみました・・。

もしや・・この三つの青い池って・・その堤なんだろうか・・。

せっかく手前まで来たのに・・ゴルフ場が冬季閉鎖の為、先に進めません・・(^_^;)

すぐ目の前のはずなのに・・。

でもたぶん・・間違いなくこのゴルフ場が昔の親投げ沢なんだろうな・・。

少し離れた場所から写してみました・・。

なんか雰囲気のある鳥居跡もありました・・(^_^;)

さて、ココは雪が解けたら再調査してみます・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です