バンコクへ・・⑧(ルーフトップバーへ)

バンコクと聞いて皆さんは何をイメージしますか・・?

トムヤムクン・・パクチー・・トゥクトゥク・・スコール・・オカマ等々たくさんあると思いますが・・最近はこのルーフトップバー(屋上階に設けたオープンエア形式のバー)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか・・。

建築基準の厳しい日本ではありえない、なんでもかんでもユルユルなタイならでは名物だと思います・・。

今回の出張では有名処を三軒ハシゴしてきました・・。

最初はこちら、高級ホテル「ルブア・アットステートタワー」の最上階にあり、世界で最も高い場所にあるルーフトップバーとしても有名な「シロッコ」・・。

ななんと新宿の東京都庁よりも4メートル高い247メートル・・(@_@;)

よく映画の撮影で使われるそうですが・・当日も軽快なバンドと女性ヴォーカルが雰囲気を盛り上げていました・・。

でも・・このバー飲み物が異常に高いので要注意です・・。

タイは元々酒税が高めで酒飲みには厳しいお国ではあるんですが・・シロッコはそれどころの話じゃありません・・(@_@;)

このシャンパンも日本で頼むと6000円ぐらいだとは思うのですが・・35000円・・(チーン)

まあ世界一って称号があるからしょうがないのかもしれませんが・・。

それにしてもこの階段・・ヤバくないですか・・(@_@;)

ガラスが腰くらいまでしかないんですよ・・。

高層ビルマニアにして高所恐怖症を発症した僕からしてみたら複雑な気持ちになりました・・。

つづいてはコチラ、マリオットホテル・スクンビットの最上階にあるルーフトップバー「オクターヴ」

日も暮れないうちから店内(屋上?)は賑やかで座れません・・。

コチラはルーフトップバーの中でもかなりリーズナブルな部類に入るんだそうです・・。

バンコクに来て思ったことはカクテルのレベルがスコブル高いんだなという事かな・・。

日本のバーテンダーの技術は世界一なので海外出張してバーに立ち寄ると必ずガッカリして部屋に戻ってたんですが・・なぜかバンコクのバーはクオリティが高いモノが出て来るんですよね・・。

モヒート(タイバージョンのタヒートもある)がどちらも素晴らしく美味かった・・。

段々雰囲気が良くなってくる時間帯なんですが、ハシゴなもんでさっさと帰ります・・。

こちらが三軒目、バンヤンツリーホテルの61階に在る「ヴァーテイゴ」

バンコク一高いビル「マハナコーンタワー」も見えます・・。

 

と、こんな感じでバンコク三大人気ルーフトップバーを制覇してきました・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です