イノヴェーティヴとは・・。

先週末は食通の友人達と、最近秋田市で話題のイノヴェーティヴレストラン「キムラ」に行ってきました・・。

最初に出て来たのは「甘味」「苦味」「辛味」「塩味」「旨味」の五味がコンセプトのアミューズ。

僕はこの中央にあるフキノトウのコロッケ(苦味)が好みでした・・。

今が旬の鱒を燻した前菜・・。

皮目がパリパリで香ばしく仕上がってます。

此方の店では料理に合わせて7種類と5種類のペアリングワインを選択できます・・。

なんだっけ・・(^_^;)

ここ辺りへんまで来ると(三杯目)、記憶が曖昧になってきます・・。

上に乗ってる泡がベーコンの香りがしました・・。

なんとかのスパゲッティ・・。

何味だったのか・・まったく思い出せない・・(^_^;)

この料理が一番好みでした・・。

秋田産アマダイのマツカサ焼き・・。

アマダイの鱗を油でパリパリに揚げて食感を楽しむ料理って、五年前まで関東以北ではホボほぼ見ることは無かったんですが・・最近は和食から中華からイタリアンに至るまで、いろんなレストランのスタンダードになりましたね・・。

まぁ判りやすく美味しいですから・・。

アメリカンドッグ・・(ミニ)

秋田県角館産イノシシのステーキ・・。

猟ではなく飼育モノなので、臭みが少なく安定した旨さ・・。

ブイヤベース・・。

ババヘラアイスがモチーフ?のアデザート・・。

もう10年近く食べ物について、あーでもないこーでもないとマニアックなディスカッションしている面倒くさい仲間達と・・。

今回は彼らから、話題の店に一度行ってみたいとの要望を受けての同伴でした・・。

デザート・・。

帰り際、シェフの木村さんに同じジャンルでは世界トップのレストランである「ガガンの皿舐め」の話をしました・・。

それって行儀が悪いというか、日本的なメンタリティだと拒否反応を示される可能性がありますよね?って返答でしたが・・。

でも、イノベーティヴレストランを名乗るのであれば・・多少のタブーは気にしちゃ行けないと思うし、僕はチャレンジしてほしいなと思いました・・。

まだ日本では何処のレストランでもやってないしね・・。

さて、どうなることやら。

バンコクへ・・⑥(Gagganへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です