姿見の井戸・・①

『男鹿赤神山五社堂の下に「姿見の井戸」とよばれた古井戸が残っている。

お山がけ詣りの人たちが、必ず我が身を写して試したといわれる。

はっきり写れば今年の生命が保証される。

写りのはっきりしないものは、災難不幸にあう。

まったく写らないものは、その年のうちに死ぬこともある。』

木崎和廣という人が秋田県各地に残る伝説を編纂した「羽後の伝説」に、このような記述があります・・。

こんな水が入ってそうもない井戸を覗いても、良い事一つも無い気がするけど・・まぁ行ってみるか・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です