睾取上とは・・②

秋田県大仙市刈和野にある珍地名「睾取上(きんとりあげ)」・・。

わざわざ写真を撮りに行ったのは良いものの・・現場は・・キテレツな地名とはかけ離れているというか・・まぁ何の変哲もありません・・(^_^;)

睾取上という地名の由来には二つの説があるようです・・。

一つは・・「睾」は(きんたま)という呼び名の他に(さわ)とも読むそうで、さわには「土地の低さ故に出来た浅い水たまり。また草の茂っている水辺の丘」の意味があるそうです・・。

確かに、そんな感じの土地でしたね・・。

そしてもう一つが・・数百年前には界隈に遊里があり、そこの遊女に「精を抜かれる、睾(キンタマ)を絞り取られる」事から名付けられた・・との事・・。

コッチの方が面白そうなんだけれど・・さてどっちなんでしょうか・・。

ちなみにコチラはインドネシアにあるキンタマーニ高原です・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です