稲庭饂飩の盛り付け研修・・。

先週末は稲庭饂飩の元祖「佐藤養助本舗」の職人をお招きし、僕の監修店舗スタッフの饂飩の盛り付け研修会をやりました・・。

どんなに美味しい饂飩でも、盛り付けが雑だと美味しさ半減ですからね・・(^_^;)

稲庭饂飩の茹で時間の目安は通常4分・・。

ですが同じ佐藤養助の店舗でさえ、調理器具や火力の度合いによって茹で加減は違ってくるらしく、時間は単なる目安であって左程関係なく、要は『勘』なんだそうです・・。

こんな感じで氷水に晒し・・

くねくねと八の字を描くようにして・・

大正時代の女性の和髪のように?盛りつけます・・。

一時間ほどの研修でしたが・・

意外とスンナリ出来るようになるもんですね・・。

夏場キリリと「付けザル」がお勧めです・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です