竿灯祭りにて・・。

先週末は秋田駅西口の人気店「ほるもん猿」で豚ホルモンを食べ(猿のホルモンではないですから)ブラブラ歩いて川反に向かったら丁度「戻り竿灯」を見ることが出来ました・・。

僕の日記は県外や国外の方のほうが閲覧してくれてるみたいなので、ちょっと説明しますと・・。

東北三大祭りの一つである秋田の「竿灯祭り」は毎年8月3日~6日の4日間、竿灯大通りと呼ばれる道路をホコ天にし開催されるのですが、観光客向けの催し物が一通り終わると、こーやって各町内に戻ってきて再度演技をしてくれるんですよね・・。

じっさいコッチの方が近くで見れるし盛り上がります・・(^_^;)

竿灯の総重量は60キロもあるらしいのですが・・蝋燭の灯りを点すと浮力で少し軽くなると言われています・・。

若い頃、一度挙げさせても貰ったことがあったんですが、祭本番でバランスを崩して倒し、一個6000円だという提灯を燃やし、更に軽トラのボンネットまで凹ませてしまった事があって・・それからやってません・・(やらせてもらってません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です