ニエハッパ・・③

秋田県大仙市の金山沢地区にある謎の地名「ニエハッパ」の続報です・・。

秋田市立図書館所蔵の「秋田の地名の伝説」に寄ると・・「仁賀保(現にかほ市)の地名語源はアイヌ語の『ニイカップ』で草原の意味だが、西仙北には同様の語源と思われるニエハッパの地名が片仮名で残っている」とあります・・。

ニエハッパ=草原という意味だったんですね・・。

やった・・。

まずは一つ謎が解けました・・。

ニエハッパ・・②

ニエハッパ・・①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です