蕎麦を食べて考える・・。

ニンニク葱蕎麦(大盛)。

この店には彼是30年以上通ってますが、他のメニューは食べたことが無いのでどんな味なのかも判りません・・。

一回は鴨南蛮とかチャレンジしてみようとは思うんですが、席についてメニューは見るも、結局は毎回「おばちゃん、同じものください!」と言ってしまいます・・。

蕎麦の風味を楽しむとか、繊細な喉越しを楽しむとか、そんなんじゃないんですよね・・この食べ物は・・。

かなり濃い目の甘塩っぱいタレと、ガッツリ擦りおろした生ニンニクと、ゴマ油&ラー油にヒタヒタに浸した大量の葱の組み合わせは、1+1+1を10に変換することに成功した希少な例というか、もうこりゃ蕎麦以外の新ジャンルじゃね?とも思えます・・(笑)

ラーメンでも和食の椀でもハンバーガーでも、大切なのは無化調とか食材の高級さとかじゃなく、そこに「一体感」が有るか無いかの方が大切なんじゃないかって、最近思うんですよ・・。

「究極のきりたんぽ鍋」も、そこあたりへんを怠りなく合わせていければなと考えています・・。

 

 

秋田市広面「そば処けん太」にて・・。

コメントを残す