こけしの話・・。

こけし=子消し・・(^_^;)

秋田県立図書館所蔵の「 太田町の昔話と伝説 」に記されてるのですが・・。

古老達の話によると「江戸時代、佐竹の殿様に年貢米を納めたころの話である。 こけしの名工たちが住む皆瀬木地山は、交通の便が悪く、山奥の食料が極めて不足がちで「子消し」の多く行なわれた地である。」 とあります・・。

この由来が正しいという人もいれば、俗説に過ぎないという人もいるそうですが・・なんともやりきれない話です・・。

僕の実家にも「木地山こけし」の名工「 小椋久四郎 」作のこけしが飾ってありました・・。

 

コメントを残す