スッポン鍋にしてみました・・。

もう明日で3月だというのに・・秋田は昨晩も雪が降りました・・。

それなのに秋田市の予算もこの豪雪で底が付いたからなのか・・ここ2週間ぐらい除雪車を見掛けません・・。

会社の前の道路も・・もうワダチというか・・電車の線路みたいに深~い溝が出来てしまって・・走りづらいったらありゃしません・・(^_^;)

                                                                                    

という事?で、暖かい鍋が食べたくなって、いろいろ考えたんだけど今回はスッポンにしてみました・・。

参加メンバーは5名・・。

そのうちの二人が「スッポンの生き血」は苦手だという事で、ノッケカラ3杯を立て続けに煽ります・・。

コチラのお店は持込み料が500円(安い)だという事で、ちょっと珍しいお酒を持ってきました・・。

僕の友人である大潟村の鈴木さんが作った幻の酒米「亀の尾」の表層部を90%まで磨いて仕込んだ純米大吟醸酒「亀の甲 寿亀神韻」・・。

わかりやすくいうと、お米の9割方削って捨てて残りの芯で造ったお酒って事ですね・・(^_^;)

これまた持参した金杯・・。

コレで酒を呑むと、美味くなるとか不味くなるとかいうよりも・・なんだか「今日もオレは勝ったぞ」って気分になれるんですよね・・。

ゆっくり眠れるんです・・(^_^;)

やっと丸鍋が出て来ました・・。

シンプルに餅と三つ葉と葱とスッポンのみ・・。

濃厚なスープが堪りません・・。

〆に雑炊も・・。

ちなみに一番上の写真は、あまりお目に掛かれないスッポンの内臓の刺身です・・。

コチラ秋田市御野場にある「和食おがた」さんはスッポン料理では秋田一だと思いますね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です